引越しました!

http://blog.mogmet.com/blog-entry-3.html

へアクセスしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu8.10上でVMware Player 2.5.2をインストール

VMware serverよりもVMware Playerのほうがインストールが簡単だったので入れてみた。


ちなみにVMware serverと共存はできないので前回いれたserverは必然的にポイとなりました。


1.ダウンロード
とりあえず本体をゲットしてきます。
http://www.vmware.com/download/player/download.html

VMware Player 2.5.2 for Linux (.bundle)

をダウンロードします。


2.インストール
早速ダウンロードしたファイルを実行します。
  • $ sudo sh ./VMware-Player-2.5.2-156735.i386undle

するとWindowsみたいにインストーラが起動し、インストールができます。

なんという親切設計!!




3.仮想マシンの作成
しかし、インストールし、いざ起動するとここで問題発生。

serverでは仮想マシンを作ることが出来たが、VMware Playerでは作ることができないのだ。

VMware Playerで実行可能な仮想マシンには、少なくとも仮想ディスクのイメージファイル(.vmdk)と仮想マシンの設定ファイル(.vmx)が必要となる。

そこで今回はqmenuというものを使ってまず、vmdkファイルを作る。


まず、qemuをインストールする
  • $ sudo apt-get install qemu

インストールが終わったら、いざvmdkファイルを作成する。
書式は以下のとおりである。
  • $ qemu-img create -f vmdk <ディスクイメージ> <サイズ>
とりあえず、私はWindowsXPをいれようとおもったので適当に以下のようにうった。
  • $ qemu-img create -f vmdk windowsxp.vmdk 10G

これでやっとvmdkファイルが完成。




次に設定ファイルであるvmxファイルを作る。
http://www.easyvmx.com/
ここにアクセスする。

[easyvmx][Super Simple][easyvmx 2.0]とみっつあるが、今回は[easyvmx 2.0]を使う。


とりあえず設定項目がいくつかあるが、ここでVirtual Machine Nameはqemu-imgコマンドで作成した仮想ディスクと同じ名前にする。

今回はwindowsxpにする。


設定が完了したら[Create Virtual Machine]ボタンをクリックする。すると、仮想マシンが作成される。


zipをDLすればvmdkファイルも同梱されているが、さきほど作ったのでこっちは放置。

てか、vmdkあるならqenuやることなかったのと、ここまでやって気づく。


しかし、頑張って作ったので、とりあえず画面をスクロールし、vmxファイルのものだけコピーしてwindowsxp.vmxとして保存する。




あとはVMware Playerを起動して、[Open an existing Virtual Machine]を選択。

vmxファイルを選択すれば無事に起動できる。






おまけ
とりあえずvmxファイルの中身だけをここに残しとく。

<blockquote> 
#!/usr/bin/vmplayer

# Filename: windowsxp.vmx
# Generated 2009-04-10;12:32:24 by EasyVMX! 2.0 (beta)
# http://www.easyvmx.com

# This is a Workstation 6 config file
# It can be used with Player
config.version = "8"
virtualHW.version = "6"

# Selected operating system for your virtual machine
guestOS = "winXPPro"

# displayName is your own name for the virtual machine
displayName = "windowsxp"

# These fields are free text description fields
guestinfo.vmware.product.url = "http://www.easyvmx.com/"
guestinfo.vmware.product.class = "virtual machine"

# Number of virtual CPUs. Your virtual machine will not
# work if this number is higher than the number of your physical CPUs
numvcpus = "1"

# Memory size and other memory settings
memsize = "512"
MemAllowAutoScaleDown = "FALSE"
MemTrimRate = "-1"

# PowerOn/Off options
gui.powerOnAtStartup = "FALSE"
gui.fullScreenAtPowerOn = "FALSE"
gui.exitAtPowerOff = "FALSE"

# Unique ID for the virtual machine will be created
uuid.action = "create"

# Settings for VMware Tools
tools.remindInstall = "TRUE"
tools.upgrade.policy = "upgradeAtPowerCycle"

# Startup hints interfers with automatic startup of a virtual machine
# This setting has no effect in VMware Player
hints.hideAll = "TRUE"

# Enable time synchronization between computer
# and virtual machine
tools.syncTime = "TRUE"

# USB settings
# This config activates USB
usb.present = "TRUE"
usb.generic.autoconnect = "FALSE"

# First serial port, physical COM1 is available
serial0.present = "TRUE"
serial0.fileName = "Auto Detect"
serial0.autodetect = "TRUE"
serial0.hardwareFlowControl = "TRUE"

# Optional second serial port, physical COM2 is not available
serial1.present = "FALSE"

# First parallell port, physical LPT1 is available
parallel0.present = "TRUE"
parallel0.fileName = "Auto Detect"
parallel0.autodetect = "TRUE"
parallel0.bidirectional = "TRUE"

# Sound settings
sound.present = "TRUE"
sound.fileName = "-1"
sound.autodetect = "TRUE"

# Logging
# This config activates logging, and keeps last log
logging = "TRUE"
log.fileName = "windowsxp.log"
log.append = "TRUE"
log.keepOld = "3"

# These settings decides interaction between your
# computer and the virtual machine
isolation.tools.hgfs.disable = "FALSE"
isolation.tools.dnd.disable = "FALSE"
isolation.tools.copy.enable = "TRUE"
isolation.tools.paste.enabled = "TRUE"

# Other default settings
svga.autodetect = "TRUE"
mks.keyboardFilter = "allow"
snapshot.action = "autoCommit"

# First network interface card
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.virtualDev = "vlance"
ethernet0.connectionType = "nat"
ethernet0.addressType = "generated"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"

# Settings for physical floppy drive
floppy0.present = "FALSE"

# Settings for physical CDROM drive
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
ide1:0.startConnected = "TRUE"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.autodetect = "TRUE"

# First IDE disk, size 4800Mb
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "windowsxp.vmdk"
ide0:0.mode = "persistent"
ide0:0.startConnected = "TRUE"
ide0:0.writeThrough = "TRUE"

# END OF EasyVMX! CONFIG
</blockquote> 



VMware Workstation 6 for Windows 日本語版 パッケージ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アマゾンドリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
バックリンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。